復旦大学のプログラムについて

 

Fudan Trackにアサインされた学生は、香港での授業修了後、3~7月にかけて、中国・上海に交換留学することができます。

復旦大学は1905年に設立された、長い歴史のある中国本土トップレベルの総合名門大学です。また、復旦大学は中国国内でも、外国人留学生を最も早く受け入れた大学の一つであり、キャンパスは大変国際色豊かであり、語学・生活面でのサポートも充実しています。

<授業>

Fudan Trackでは、15科目の授業を履修する事が可能です。授業は主に復旦大学のPart-time MBAに通う学生と共に受けるので、クラスメイトの大半は就業しながら大学に通っている、中国本土の方々です。

 

とはいえ、MBAプログラムの授業は英語での授業であり、HKUの他、数多くの海外大学からの交換留学生を受け入れており、中国やアジアに関心をもつ欧米諸国の方々との交流チャンスがあります。

Electives at Fudan 2014

 

Advanced Power & Negotiation

Applied Macro & International Economics

Behavioral Finance

Business Valuation

Corporate Social Responsibility

Fashion and Luxury Brand Management

Game theory and Business Strategy

Global Marketing

Innovation: China vs US

International Business

Investments

Operations Management

Power and Negotiation

Retail Operations

Risk Management

The good, the bad, and the ugly - military, technology, and finance

 

 

授業は主に平日の夜間または週末に開講されるため、空いた時間で語学の勉強(中国語:mandarin)が可能です。交換留学生の有志で開催される中国語講座の他、市内の語学学校に通うことが可能で、HKUから授業料のスポンサーを受ける事ができます。

  

<上海生活>

MBAの授業は、 上海市中心部から北東へ5キロほどの邯鄲キャンパスにて開講されます。大学構内の寮に滞在する事も可能ですが、教室は地下鉄の駅から程近く、また中心部からのアクセスも良い為、好みと予算に応じて、市内に数多く存在するマンスリーマンションや長期滞在型のホテルに暮らす事も可能です。